店長ブログ

訳アリ格安修理!

つぶやきです。

 

こんな事故車が入庫しました。

dsc08581.jpg

一見大した事ない様に見えるが、

 

dsc08582.jpg dsc08584.jpg dsc08585.jpg

左前方からの入力で、フレームをなぎ倒しながら

dsc08590.jpg dsc08591.jpg dsc08595.jpg

ヘッドライト、フロントフェンダー、右サイドメンバー、右前足廻りが

主な損傷箇所で、年式が古いのもあるが

私は 「 スクラップだな 。 」 と思った。

しかし、つい1週間前に自社で

けっこうな整備代をかけ、継続車検を受けている。

お客様は、あと1?2年で子供が学校を卒業するらしく

その間は辛抱したいと 言う理由で

出来るだけ安く直るようにしてくれと 頼まれました。

もらい事故なのだが、相手が保険がかかっていないバイクで

保険金が出ないらしい。

幸い 車両保険で 最高25万円修理代として出るのだが

見積り金額は、49万位かかってしまう。

まともに直せば、自腹を24万円切らないといけない。

 

「 だめだ ? ・・・ これじゃあいけない 。 」

とりあえず、交換部品のほとんどを中古で補う。

それから、無理してでも交換予定の部位を

修理に切り替え、工賃、部品をうかさないといけない。

dsc08595.jpg  → 修正後  dsc08620.jpg

 ↑  折れ曲がっているインナーフェンダー

 

骨格にあたるサイドメンバーやインナーフェンダーは

フレーム修正機で引っ張り修正、

dsc08598.jpg dsc08600.jpg dsc08601.jpg

ここを交換にしたら、エンジンやミッションを

車体から下ろしたり、車内のアクセルペタルなどのペタルを

全部脱着したり、足回りがくっついてるクロスメンバーなどを

外さないといけないし、部品代もかかる。

当然、引出し、修正、測定して修理する。

dsc08617.jpg dsc08615.jpg

  ↑ 溶接部を削り、新品部品に交換

dsc08621.jpg dsc08622.jpg

  ↑  防錆シーラーを塗ったところ

しかし、交換した方が安くつくところは換える。

dsc08618.jpg ← 既に塗装済のヘッドライト裏のパネル (新品)

                    とサイドメンバーの一部

↑ の部品を借り付けして、寸法をだしたら

dsc08629.jpg  ←  仮付け

溶接し、塗装。

dsc08624.jpg dsc08625.jpg

  ↑   養生したところ

dsc08628.jpg  ←  塗装後

そして、足回りを取り外す

dsc08623.jpg

足回りを交換後、サイドスリップテスタで足回りを調整。

そして今度はボデーを塗装 。 

あっ !

画像撮るの忘れた。  (? ̄■ ̄?)  ・・・・

 

塗装箇所は ボンネット、右フロントフェンダー、フロントバンパー

右フロントドア など塗装しました。

 

塗装後、組み付け

dsc08630.jpg 

出来上がり。

dsc08634.jpg

合計金額 365000円 で直りました。

新品より125000円安く直り、まあまあ安く出来ました。

車の種類や損傷箇所により、修理の値段は変わります。

 特に、高年式の車などは、あまり中古部品が揃わず

安く出来ない事もあるので 注意が必要です。

 

又、安くするには、オルタネーターやクーラーコンプレッサー、

ラジエターなどの部品は、リビルト品や社外品に

変えることをお勧めします。

 

 

こういう直し方で坪に嵌ると

修理代100万円が 50万円で直ったりした

ラッキーなお客様も多々いらっしゃいます。

 

 

みなさん。

 

 

直す前に一度、直し方を考えてみるのもいいと思いませんか?

 

 

 

またぶつぶついいます。 

 

つぶやきでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント (0)