店長ブログ

GT-Cを新車から! 鈑金塗装部のつぶやき。

GT-Cを施工する現場サイドから詳しく説明をするとともに、今日ここでブログデビューいたします つぶやき と申します。いつもの店長ではありません。

せっかくのデビューというのに、空は台風5号の影響で大荒れです。 

ちなみに私の心はデビューのせいか晴天です。  (笑)     冗談はさておき、

3日前からGT-Cの施工で預かっているMINIを、早速現場サイドからコメントいたします。

dsc03090.jpg dsc03091.jpg

今回紹介いたしますK様のMINIは、GT-Cのホームページからリンクして、自社にメールにて施工を依頼いただいたお客様であり、遠く、光市にお住まいの方です。

わざわざ岩国市まで持ってきていただいた事に、大変感謝しております。

このMINIは、新車であり通常、磨き行程は必要ないのですが、まず脱着した方が施工しやすい物は外します。

下の画像のように、飛び散りや、磨いてはならないところをマスキングします。

dsc03097.jpg dsc03096.jpg dsc03095.jpg

それからアルミホイールやボデーに付着している鉄粉や汚れを取り、小さなシミや汚れ、タオル傷を専用コン

パウンド(超微粒子&艶出し剤)で、トルクが強いポリッシャーを低回転にして磨いてゆきます。

 

磨き終わると、今度は、オーバーフェンダーなどの樹脂部分を脱脂します。

中古車ですと、ここでタールやピッチ、汚れを落としてゆきます。

そして、レンズやライト、モール類にも磨きをかけ透明度を出してゆきます。

磨き行程が終わると、ボデーの隙間に飛散したコンパウンドや汚れを丁寧に柔らかいタオルで拭いたり、

エアーで飛ばしてゆきます。

綺麗になると、塗装ブースにいれ、再びコーテイングしてはいけない所をマスキングします。

dsc03098.jpg dsc03099.jpg

そして、全て準備が出来ているかチェックすると、ガラスコーテイング剤を、塗りこんでいきます。

専用スポンジで塗りこみ、タオル(メガネを拭くタオルの素材)でふき取ってゆき、むらにならないよう

30~40センチスパンで、繰り返し施工してゆきます。

終了すると、塗装ブースの室温を50?60度(最初の30分)に上げ、夏は半日、冬は丸1日乾かします。

乾かし終わると外した部品を付けて終わりです。                             つづく

dsc03100.jpg dsc03102.jpg

 

コメント (2)

GT-C グラステックコート

F様よりご注文いただきました トヨタ ヴィッツRS新車 が入庫してまいりました。

ボディーカラーが黒系なので、ボディーコーティングをかける事に。 その作業風景をご紹介しましょう。

ちなみに作業者は 当社社員:板金塗装部の照永君です。

 入庫     マスキング:ポリッシング     コーティング

 dsc02771.jpg dsc02775.jpg dsc02777.jpg  dsc02776.jpg

蛇足ですが内装:地デジアンテナ(小さいです)    仕上がり

dsc02773.jpg dsc02774.jpg dsc02789.jpg dsc02787.jpg

    ガラスコーティング完成 もちろんホイールにも施工。

dsc02791.jpg dsc02788.jpg

この輝きは衰えることを知りません。

洗車は楽々、ワックスがけ不要 半永久的に持続します。

皆さんもいかがでしょうか? お勧めします。

詳しくはホームページへ! http://www.kongo-jidosha.com/

コメント (0)