店長ブログ

ベンツV280.エアロの取付だ!

 

つぶやきです。 

久方ぶりです。

いつもどおり仕事をしていると、なにやら背中に殺気を感じ、

後ろを振り向くと、店長が鬼の形相で

「 ネタがないのか? 」   (# ̄  ̄)へ

とブログの催促を促した。  ・・・・・・・・・   汗  ・・・Σ( ̄ひ ̄;汗
 

そういえば、当分キーボードをたたいていないことに気付き

早速パソコンの前に座ったに至ります。

 

今回は、久しぶりなので、まじめに仕事はしているふり ・・・・・違った

まじめに仕事している証拠として、まじめにブログります。

 

このたび、下取りで入庫したベンツV280の商談が決まり

エアロをつけることとなりました。

dsc04771.jpg dsc04772.jpg dsc04774.jpg

取り扱い説明書に従い、早速仮合わせです。

dsc04775.jpg dsc04778.jpg

dsc04773.jpg dsc04770.jpg

dsc04776.jpg dsc04784.jpg

これをしないと後から大変な目にあいます。

合わせ面が傷にならないよう、マスキングテープで保護し

dsc04779.jpg dsc04780.jpg dsc04767.jpg

 隙間が無いようぴったりくっ付けます。

隙間が開けば、サンダーややすり等で削り合わせていきます。

当然、バリ等もとります。

位置が決まればドリルで穴を空け

ビスで固定します。(失敗は許されないのだ。)

この作業は、製品の精度でかなり違いが出てきます。 

価格が高いほど精度はいいみたいです。(だてに高くない)

よく1流メーカーのコピー商品などの安いものは精度が悪い上

(長さが短いとか、幅が足りないとか、話にもならないモノが多い)

仮合わせをしても、塗装後の強制乾燥でヒワリまくり

装着困難なものが、多々あります。(製品が薄い)

WALDはかなりいい方です。  ? ああ よかった?。

 

はっきりいって、エアロパーツの9割は

素材がFRP樹脂(グラスウール)で、加工時に出る粉塵が

汗をかいている体や、露出している皮膚に付着すると

ちくちくして痒いやら痛いやらで、たまらないのです。

おまけに、その粉塵を吸い込むと

石綿を吸い込むのと変わらないのですから。・・・・・・・・多分・・・

ほら、ちょっと前に話題になったあれです。

 

だから、この作業は好きじゃない、好きになれないのです。

皆さん、エアロパーツはいいメーカーを装着しましょう。

 

こうして仮合わせをして、装着OKになったら

後は下地を入れて(サフェーサー)、塗装、取付、おしまいです。

ちなみに

仮合わせに使った工具は

dsc04777.jpg

  これに、紙やすりをプラスしたものくらいです。

そして完成したものがこれ ↓

 dsc04875.jpg

dsc04876.jpg

見違えるほど変わるものですね。 かっこいいです。

 

この後、ガラスコーテイングの施工と、HDDナビを取付け

納車いたしました。

Y田様ありがとう御座いました。

 

 

 

 

店長に背後に廻られると、

やたらアンテナが立つ

つぶやきでした。

 

又ぶつぶつ言います。

 

 

コメント (0)

クラウン:ハイブリッド入荷!

3ヶ月待って、ようやくクラウン:ハイブリッドが入荷しました。

3.5アスリートも入荷しましたので、比較してみましょう。:roll:

dsc04697.jpg

大きく違うのはハイブリッド専用のフロントグリル!そしてこれも専用のクリアテールランプ!

dsc04703.JPG dsc04704.JPG dsc04698.JPG

軽量アルミホイール&ハイブリッド専用スピードメーター

dsc04699.JPG dsc04700.JPG dsc04705.JPG

細かいようですが、ヘッドランプも微妙に違います。

dsc04701.JPG dsc04702.JPG dsc04707.JPG

エンジンルームはこんな感じ!:roll:右側写真の中央部分の四角いBOXは以前にも紹介した事のあるプリクラッシュセーフティーシステムの ミリ波レーダー!このシステムの目にあたる部分です。

dsc04710.JPG dsc04713.JPG dsc04711.JPG

ちなみに価格はというと、3.5アスリートで、オプション付き 総額で当社販売価格 約600万円!

ハイブリッドの方が、オプション付き総額 約820万円!ちと高額なのが難点である。

ちなみに、カタログ燃費は、アスリートで10.15モード 10.0km/ℓ

ハイブリッドデ10.15モード 15.8km/ℓ となっており、1.5倍以上の低燃費である!

エンジン出力296ps モーター出力200ps システム出力345ps

今現在発売されているハイブリッドカーの中でも レクサスLS600hに次ぐ高性能!

正しく日本が世界に誇れる技術の集大成と言えよう!:)

ハイブリッドカーといえども、エンジンを動力源として走行している状態では、エンジンのこもり音は必ず発生するわけですが、この車にはこもり音を音で打ち消すシステムが採用されています。

エンジン回転数と3個の専用マイクでエンジンのこもり音を特定。それを打ち消す逆位相の音をスピーカーから出力する事でこもり音を低減し、世界トップクラスの優れた静粛性を実現しています。毒をもって毒を制する!正しくこの事ではないでしょうか。

このクラスでこのパワー!この燃費の良さ! 国産車の性能はもはや輸入車の追従を許さないところにまで達しているのではないでしょうか?

 

by  新型車が入庫する度に妙に感心しきりな店長でした。:mrgreen:

 

OS様、ハイブリッドお買い上げありがとうございました。

KD様、アスリートのお買い上げありがとうございました。

こうして金剛自動車が営業出来ますのも、ひとえにお客様のおかげでございます。今後ともよろしくお願い申し上げます。:lol:

 

 

コメント (0)

BMW E46の最期!(T_T)

先日の夕刻、山陽自動車道で当社が販売した BMW?E46がガードレールに接触!スピンした挙句に横転するという大きな事故がありました。

幸いにも運転されていたお客様に怪我がなかったのが不幸中の幸いでしたが…..。

納車時はまさかこの様な事になろうなど思いもしないほど程度の良いBMWだったのですが….。

 

改めてこうしてクラッシュした姿を見ると、いかにこの車の安全性能が高いかがよーく分かります。

まず一番最初に追い越し車線ガードロープに接触したと思われる右前部!

dsc04167.jpg

右後部!

dsc04166.jpg

横転時に千切れたと思われる左足廻り! ↓

dsc04168.jpg

そして全て展開したエアーバッグ類! ↓

dsc04170.jpg

横転した際に道路に接触したルーフ(天井)!

dsc04171.jpg

特筆すべきはその衝突安全性である!

事故時、乗員のライフスペースを確保するとともに、衝突時の衝撃を吸収緩和!

更には横転した際のルーフ(天井)廻りの素晴らしい剛性など、国産車に無いものを感じるのだ!

昔、何で読んだか忘れましたが、BMW社の技術者曰く、

「当社の車の一番の売りは、デザインにあらず、エンジン性能にあらず、その安全性能である。」と言っていたが、そのとおりかも知れないなぁと 妙に納得したのでした。

哀れにもこの様な無残な姿になりましたが、身を挺してドライバーを護ったのだなぁと思うと、何だか愛おしい気持ちになります。

「E46よ。お前は偉い!」

 

by  久しぶりに車屋さんのお話を書いてみた店長でした。

 

コメント (0)