店長ブログ

厳島 弥山へ修行旅(TоT)

月曜日の秋分の日の出来事である!

子供達の「どっか連れてってぇ?♪」攻撃により、安芸の国、宮島へ行く事になった。

dsc00325.jpg

いつもの楽ちんなお出かけと違い、今回はちょっと登山を含めたスケジュールである!

朝9時30分に家を出発!10時にはフェリー乗り場に到着したのだが、乗り場近辺の駐車場は、はや満車状態!どうにか1台分の空きを見つけて駐車は出来たが、その観光客の多さは、目を見張るほどである。

dsc00332.jpg

dsc00330.jpg

無事、宮島側に到着!厳島神社裏手にあるロープーウェイ乗り場までの無料送迎バスが行き来する待機所まで歩き乗車したのだが、このバスの運転手!いい歳の癖に無茶苦茶なスピードでとばすのである!

後ろから殴ってやりたいほどであった!おまけに無愛想!

「しばくぞボケェー」ちゅーの! 

「宮島競艇の選手かい?おのれわ!」ちゅーの!(笑) 

ああいった類の運転手は首にしたほうがいいと本気で思ったのであった!

そうこうしている内にゴンドラが到着! 長い事この辺りに住んでいるのだが、宮島ロープーウェイは初めてである!「これちょっと小さくねぇ?」と思ったが、こっちはゴンドラで、途中でロープーウェイに乗り換えるとの事。納得!

dsc00340.jpg

絶景かな絶景かな!いつもの生活の場である対岸を眺めながらゆっくりゆっくりと上って行く。

すれ違うゴンドラからアメリカ人?観光客に手を振られ照れくさそうに娘達が手を振り返す。

たまにはこういうのも風情があって良いなぁ?などと思っていたらば到着である。

dsc00341.jpg

頂上で母子猿がお出迎え!オッパイをやっているその姿は、まるでうちの嫁と末娘そのものである(笑)

さて、ここからが登山の始まり!まずは弥山までの30分コース!

なんでも、弘法大師空海の護摩修行の火が1200年たった今でも、未だに燃え続けているという不消霊火堂までの道程を、末娘を抱いて出発!(相当重い娘である)

ちょろいちょろい(^^;こんくらいであれば大した事ないじゃん?と思っていたのが最初の5分の下りだけ! 

上り道にさしかかり、ものの10分経った頃には、息は上がり汗は噴出し、娘は寝始め…..「どんだけぇーーーー?」…….!「まだこんだけぇー!3分の一」なのである。(爆)

嫁に「子供が寝たんで引き返そうか?」と聞いたら、

「私が末娘と引き返すら、他の子供達と行って来て!」…………? 

「違うのだ!俺が帰りたいのだ!」とも言えず、仕方なく再出発!

子供達に励まされ、80歳くらいのお婆ちゃんに抜かれ、ぜぇーぜぇー言いながら途中2回休憩、どうにか到着した。結構な運動量である。このお婆ちゃんは多分150歳まで生きれると思う。(笑)

やっぱり、平素から体は鍛えた方が良いに決まっているのだ!

ゴルフの打ちっぱなしくらいじゃ駄目なのである!

dsc00347.jpg

ちなみに、うちの長男は、殆ど走って上って行ったのだ!まるで、在りし日の自分の姿を見るようであった!(爆) 「息子よ!お父さんも昔は…..おい..ちょっと…?」

いろいろと言いかけたら何も聞かずに走って行ってしまった!ちょっとくらい言い訳させろよ息子!(笑)

到着したら、普通はここで、何らかの達成感に似た感情が生まれるはずであるが、そんなもんどーでもいいのだ!

只々、帰り道の辛さを思い、万病に良いとされる大茶釜のお湯など飲むことさえ忘れてしまった事を後悔!(TоT) しきりなのでR! もう当分登山はやめとこ!

dsc00346.jpg

ところが、下界に帰りついたら、その辛さなどきれいに忘れ

「今度はロープーウェイにも乗らずに一番下の登山道から上ってみようか?」などと本気で考える、痴呆気味のB型親父なのであった!……(大ー爆ー笑!

いつか絶対に上ってやるのだ!….いや マジで!(爆)

                           by 店長

コメント (2)

まな板の上の鯉 ?事故車修理  第1章

お久しりぶりです。 いつもの店長ではなく過去に1回登場しているつぶやきです。

店長にブログの更新をしなさいと言われ、ネタ探しの旅に出ておりました。

今回は事故で瀕死の重体である程の傷を負ったトヨタのサクシード君をまな板の上に乗せました。

本来は、 まな板とは魚や野菜を切ったり調理する板ですが、

事故車を鯉、フレーム修正機をまな板と訳しております。

dsc03238.jpg dsc03239.jpg

ここまで壊れると、通常であればスクラップになるのですが、

100%もらい事故の為、お客様には新車に買い換えてもらい

そしてこの車は、直して自社のサービスカーとして、復活させることとなったのです。

自分の腕と知識がいかほどか、スクラップ寸前まで壊れたサクシードで試そうと

まな板の上に、どのあたりまで損傷の波及があるのか吟味しながら乗せました。

よく見てみると、右後ろのルーフが、下方向に引っ張られるように曲がり

運転席が楽に開かない程の損傷があるのがわかりました。

「こりゃーひどいわー!」

と、渋い顔が余計渋くなりました。   (^^; ・・・

とりあえず修正機にセットして粗出し、脱着、そしてフレームの修正です。

dsc03240.jpg dsc03241.jpg 

dsc03242.jpg

「センターフロアまでいっとるわー。 かなり引っ張って測定せんとゲージが壊れるのーこりゃー」     いつものつぶやきがはじまりました。

測定用のゲージをセットしたまま引き作業をすると、ゲージまで曲がることがあるのです。

10tの力で引ける修正機をフルに使い引張ります。 そしてフレームの損傷している根源まで、引張ってはカットして寸法がきっちり出るまで引き作業をします。

dsc03250.jpg dsc03243.jpg

どんどん、どんどん。

dsc03260.JPG dsc03261.JPG

カットしては引き、カットしては引きます。

フレームのサービスホールにゲージがぴったり入るように。

dsc03251.jpg dsc03252.jpg

左の画像のように、穴のところが曲がっていますが、引っ張りながらハンマリングするとまっすぐに。

dsc03264.JPG dsc03263.JPG

右側のフレーム(右の画像)は、損傷が激しいので交換するために徐々にカット。       

次回につづく・・・・・・・。

 

コメント (2)

飲酒と禁煙の微妙な関係!

ちょい悪日記でお馴染みのA君 ↓

dsc00036.jpg  

今度は禁煙にチャレンジである。

「お前、煙草いい加減やめたら?」 ボク

「いやーこの箱が空になったらやめようと思います!」 A君

「ほんとかー?」 ボク

「神に誓って本当にやめます!」 A君

こうして、25年もの間、ほぼ1日も欠かしたことの無い煙草愛好家の彼が、長きに渡る喫煙生活にに別れを告げるべく 「禁煙宣言!」 をしたのは、つい5日前の事である。

殆ど毎日顔を合わせているが、ここ数日どうも吸った形跡が認められない。過去何度か試みた時と違いどうやら今度ばかりは本気のようである。

先日も紹介したように、オリジナルヘルメットの作製に夢中で、毎日のように我社に入り浸っているのだ!

マスキングテープでラインを決めるA君 ↓

dsc03257.jpg

昨夜は月に一度の友人達で集う食事会の日だった。

食事会終了後、「ちょっと一杯呑んで行こう!」と言う事になり、ボクの先輩の意向で中国系の女の子のお店へ行った時のことである。

お店に慣れるまではジェントルマンだったA君であるが、隣に座った女の子と意気投合したようで、仲間内で最もHと呼ばれているいつもの彼に戻り、大盛り上がりである!

女の子にチューするA君  ↓

234.jpg

ちょっと意地悪してやろうと思い、先輩の煙草を1本手に取ってA君に 

「ほれ!酒呑んだ時くらい吸え!」

「いやぁー勘弁してください!」

「まぁーいいじゃないか?明日からまたやめれば!」

「本当に勘弁してください。ほんと要りませんって!」

「まぁーまぁーそう言わずに1本くらい。」

と言って、禁煙暦4年のボクがそれに火を着けて吸ってみせると、

「えーっ? ま、そこまで言われるんなら1本だけ!」 .....?

123.jpg 

(手に持っているのはタバコです)

と言いながら、スパー!と美味しそうに吸ったのだった!(爆)

更にその後、驚きの告白が…..!

「すいません!ボク嘘をついておりました!」.....?

「実は今日の昼、我慢出来ずに1箱買ってしまいました。」

「..............?」   「はぁー?」…..。

「どんだけぇ????」…….! 

嘘は泥棒の始まりなのである。 

「こいつ、サイテー!」 「信じられん!」

などと言われながらも、全く反省の色すら見せない Hな事に夢中なA君なのであった!

 

泥棒と呼ばれようが何と呼ばれようが、禁煙の辛さに比べたら屁でもない彼は、おそらく今日も我々の眼を誤魔化し、「やめてまーす!」 などと平気で嘘をつきながら、スパスパと美味しそうに吸い続けているに違いないのでR! 

流石、A君! 誓われた神様も、さぞ驚いた事でしょう!

禁煙中の人は、お酒の席での喫煙にはくれぐれも気を付けましょう。

あっという間に元にニコチン中毒患者に戻ってしまいます。

もっともA君は、お酒を呑む前に元に戻りましたが!(笑)

dsc03259.jpg

4年の間、禁煙を続けている 以外と意志の強い店長でした!

コメント (3)