店長ブログ

BMW E60系のアウターハンドルの外し方 ?

つぶやきです。

今回は、18年式BMW 5シリーズ ツーリングE60

ドアのアウターハンドルの外し方をUPします。

ドア側面のドアロック付近(上のほう)に

サービスホールが2つあります。

dsc03667.JPG

     ↑ はフロントドア

フロントドアには、見た目2つありますが

リヤドアには1つしかありません。

しかし、よく探してみると上のサービスホールは

ウエザースリップゴムに隠れていて、ぱっと見わかりません。

dsc03680.JPG

     ↑はリヤドア

ゴムの取付穴とサービスホールが共用となっており、

それに気ずくまでかなり時間がかかりました。

前のドアから作業していれば、ホールが2つあるのに

早く気ずくのですが、後ろから作業し始めた為、

時間をかけてしまいました。

dsc03681.JPG dsc03682.JPG

フロントドアはサービスホール(上側)の奥約10cm位のところに、

リヤドアは12?3cm位のところにある

6角のボルトを反時計回りに緩めながら

ゆっくりやさしくハンドルを引きます。

するとハンドル左側が抜け、今度は右側を下に引き

引っ掛かりを抜きます。この時ボルトが見えにくいのですが

ハンドルを少し引くと見えます。

これでハンドルは抜けます。あとはハンドルベースですが、

dsc03683.JPG dsc03668.JPGdsc03684.JPG

       ↑の画像でわかるようにカバーをめくるとボルトが見えます。

トルクスレンチにて緩めると、

次はドア側面にあるもう1つのサービスホール(下側)

のなかのトルクスを緩めると外れます。

これで作業終了です。

基本的にBMWはアウターハンドルの外し方は一緒ですが、

今回てこずったのは、サービスホールが隠れていたことと、

トルクスレンチの長めなやつが必要だということです。

皆様の役に立てばと思い、UPしました。

それではまた、ぶつぶつ言います。

つぶやきでした。

 

 

 

 

 

コメント (0)

大破ならぬ中破のラパンを ? NO.2

つぶやきです。  前々回くらいにUPしたラパンの続きです。

リヤフェンダーをカットしたところでの続きですが、

dsc03592.JPG

これがリヤフェンダーの新品状態で、これを仮り合わせします。

dsc03607.JPG dsc03606.JPG

そして、切り継ぎをしたいところで、重ね合わせてカット。

こうすることで、切り継ぎがピッタリ合います。

dsc03605.JPG 

もう1度、仮り合わせてスクリュウボルトで固定し、溶接です。

dsc03617.JPG dsc03616.JPG

火花で室内や塗装面、ガラスなどが焦げたり溶けないように

養生して始めます。

dsc03628.JPG dsc03632.JPG dsc03631.JPG

溶接が終わりベビーサンダーやベルトサンダーで

削りすぎないよう気をつけて、鋼板より少し厚いくらいでやめます。

そして溶接面をハンマーを使って平坦になるようたたきます。

dsc03633.JPG

これで鈑金は終了。

後は下地、塗装、組み付けて作業終了。

・・・・・・・・・・・。

今回はここまでですが、今度は塗装に力を入れて

UPしたいと思います。

 

 

コメント (0)

ガラスコーテイング高級車偏 ?

つぶやきです。  今日もぶつぶつ言います。

ちょっと前に入荷したレクサスLS460(新車)と

エクスプローラー(中古車)を同時に

ガラスコーテイングを施工しました。

dsc03535.JPG dsc03539.JPG

dsc03555.JPG dsc03557.JPG

高級車だけに特にレクサスは、

磨く必要が無いほど艶がいいのですが、

艶出し剤と超微粒子のコンパウンドが入った

コーテイング専用コンパウンドでさらっと磨きあげました。

さすがは1千万するだけはあります。    :roll:

エクスプローラーは、中古車(2年もの)の為、

中目?細目?極細目?艶出し剤の順で磨きました。

どちらもピカピカです。  この上にコーテイングするので

もっとピカピカになるのは、言うまでもありません。

dsc03552.JPG dsc03559.JPG

新車からの艶も相当いいのに、もっと深みが出るというか、

表面の透明の膜が厚くなるにつれて出てくる輝きです。

話によると某レクサス店で、同じ色のLS460と比べてみると

ガラスコーテイングを施工したと言わないでも、

スタッフが違いに気ずく程だそうです。   だろうね ?。  ;)

dsc03587.JPG

エクスプローラーのほうは、お客様が中古車から新車になったと

大喜びで絶賛していました。   :roll:

dsc03601.JPG dsc03602.JPG

「 ついでに妻の車もしてください。」  と言われ、

今度もってくるとのことでした。     ありがとうございます。

新車から施工したのが1番いいのですが、

感動するのは中古車を施工した時のほうが大きいようです。

ぜんぜん違いますよ。

是非、お勧めいたします。

気になる方は自社のホームページより予約してください。

お待ちしております。

 

 

コメント (0)