店長ブログ

GPコートとガラスコーテイングでピカツルリン!!

つぶやきです。

最近、本業の車の話題から離れすぎ、

だんだん鬼の店長の調子がうつりつつあることあるよ!

ここらへんで、ちょっと修正しとかないといけません。    あるよ!

ということで今回は、GT-C ガラスコーテイングとGPコート

を、新車のトヨタのノアでUPさせていただきます。

dsc03996.jpg dsc03995.jpg

    ↑ GT-Cガラスコーテイング施工中

GT-Cは前回説明したとおり、すばらしいものというのは

もうわかると思うのですが、

今回、 GPコートを詳しくUPしたいと思います。

GPコートとは、ガラスにかける撥水コーテイングで、

レインコート、ガラコなどとよく似ておりますが、違うのは

ずばり耐久性です。10倍以上持続するといわれ、

施工例では、豪華客船 飛鳥?や ホテル、高層ビル にも実績があり、

話題になっています。  特に飛鳥?など船は、紫外線や潮風により

ガラスの表面が傷むのが早いらしく、1年毎に交換を要するらしい。

あんなに大きい船、何枚ガラスがあるのだろうと、途方も無い金額に

なるのは必至である。

それが1年、ガラスの寿命が延びるだけで莫大なコストダウン

につながるのはいうまでもない。 

そんないいものを今回、ご紹介します。

 

dsc03997.jpg dsc03999.jpg dsc04003.jpg

 ↑5種類の薬剤を使い、順番に施工します。   ↑専用コンパウンド

ガラスの表面の不純物を専用コンパウンドで、オービタルサンダー

を用いて、全て取り除き、施工します。

dsc04004.jpg dsc04007.jpg dsc04008.jpg

↑専用コンパウンド    ↑コンパウンド除去剤 ↑きれいにふき取る

dsc04011.jpg dsc04013.jpg dsc04014.jpg

↑密着剤            ↑ 吹きつけ      ↑ドライヤーで乾燥 

dsc04015.jpg dsc04016.jpg dsc04017.jpg

↑撥水剤         ↑塗りこみ(30分以上自然乾燥) ↑仕上げ剤

dsc04018.jpg

↑完成

施工時間、約2時間?仕上げ剤を施工する前にしっかり乾燥さすのが

コツで、冬場は次の日位に仕上げます。

施工後のガラスに水滴をたらすと、水滴が球状に撥水します。

dsc04019.jpg

        ↑ 施工後に水滴をガラスにたらした画像

効果は3年以上で、ワイパー使用部は1年以上持つのです。

もちろん、保険会社にも対応でき、

フロントガラス1枚で8000〔軽自動車)?15000円はかなりお得と思います。

バスや大型トラックは20000円位です。  面積に比例し高くなります。

ちなみに、今回のノアは12000円です。

ワイパーの要らない雨の日っていうのは、なかなかいいものです。

 dsc04027.jpg

 ボデイーもガラスもピッカピカ! 新車よりきれいです。

 

ちなみにこの車は、私の30年来の親友に購入していただいたもので、

かれこれ3台目になります。

ありがとう御座いました。

これからもよろしく。

 

 

またぶつぶつ言います。

 

 

コメント (0)