店長ブログ

DELICA:D5 ROADEST:4WD

デリカ D:5 の試乗車を購入しました。

http://gran-off.jp/suvinfo/delica/index.html

dsc04597.JPG dsc04598.JPG dsc04599.JPG

D:5 パワーパッケージ 4WD ローデスト

新車車両本体価格 3,108,000円(税込)

社用車と試乗車を兼ねての購入です。

以前からとても気になる1台!数あるワンBOXの中でも一番カッコE!とボクの中のランキングナンバー1の車!:P

オーディオレス車なので、とりあえずナビを取り付ける事に....。

まずは機種選び!基本的にHDDで扱いやすく地デジチューナー内蔵(フルセグ)モデル という事でエクリプスのAVN68HDをチョイス!

http://www.fujitsu-ten.co.jp/release/2007/09/20070920_01.html

リヤモニターには画像の良さと10.5インチの大型画面の アルパインの TMX?R1100を...。

http://www.alpine.co.jp/products/monitor/flipdown/2007/tmx-r1100.html

早速取り付け作業にかかる!

まずバックガイドモニターを取り付けるためにリヤードアの内張りを分解!この車にはバックガイドモニターを取り付ける専用スペースが設けられており、取り付けが非常にスマートである。

dsc00238.JPG dsc04611.JPG dsc04610.JPG

次にフィリップダウンモニターを取り付けるため天井の内張りをカット!

まるで純正品の様に全く違和感無く取り付ける事が出来る。但し専用金具(2万円)が必要。

dsc00239.JPG dsc00242.JPG

最後にナビ本体の取り付け!ダッシュパネルのまわりを分解。

dsc00240.JPG dsc00241.JPG dsc00243.JPG

配線をまとめ、綺麗に束ねて整頓!ようやく完成である。:mrgreen:

dsc04608.JPG dsc04609.JPG

うーん!カッコE! :mrgreen:(笑)自画自賛なのでR!

 

この車、このスタイルで実は4WD!それも国産唯一の完全なクロスカントリータイプ!

数ある1BOXカーの中でもそのオールラウンドな走行性能はパジェロ級!他を寄せ付けないのだ!

お客様 いつでも試乗出来ますので、お気軽にお電話下さい。カタログで見るのと全くイメージが違います。まずは「本物見てから!」です!:roll:

 

販売台数は他メーカーの1BOXに比べれば少ないので、あまり頻繁に見かけませんが、本当にいい車なので 是非見に来て下さい。

 

by .......本当にこの車を気に入っている店長でした.

 

 

http://car.blogmura.com/

コメント (1)

ステップワゴンのお尻が!

つぶやきです。

約束どおり、お尻 ・・・・・・ じゃなかった ・・・・

追突されたステップワゴンを中継します。

dsc04469.jpg dsc04470.jpg dsc04471.jpg

結構ひどいのに驚きです。

dsc04472.jpg

左スライドドアがフロントドアの下に入り込んでいます。

ど真ん中の追突ではなく、左に片寄ったオフセット衝突と判断しました。

バンパーを外し、バックドアを開けテールランプを外して、

衝撃による破損状況を把握します。

dsc04478.JPG dsc04480.JPG dsc04473.jpg

リヤクロスメンバー、フロアパネル及びサイドメンバーなど

かなりつぶれ、右に振っているのが分かります。

dsc04550.JPG dsc04526.JPG

しかし、左にオフセットしているのに右に振るということは

左後方から右前方向に入力が入っていると理解し

左後方に引張って、粗出しをしなければなりません。

引張り出して測定しないと、修正機の測定器が壊れるので

先に粗出しします。

dsc04528.jpg dsc04527.jpg dsc04553.jpg

そして、左側も波及があるので引張ります。

dsc04523.jpg dsc04524.jpg dsc04525.jpg

粗出しをしたら測定です。

dsc04554.jpg

まだまだ、引っ張らないといけません。

いろんな所を、いろんな角度で引っ張らないといけない。

そこで、コレクションではありませんが、クランプをお見せします。

dsc04568.jpg

dsc04569.jpg

いろんな大きさ、いろんな種類があります。

これだけあってもまだほしいクランプがたくさんあります。

 

様々な形をした骨格の車があればあるほど、クランプも増えます。

又、時代が変わるにつれ車も進化します。

車が進化すれば道具も進化します。

だから道具が増え続けるのです。

決して欲なことではないと思います。

でも程々にしないと、鬼の店長にむちで しばか・・・・・・・・違った ・・・ 

・・・・ 怒られます。    凸( ̄皿 ̄メ)  なにしとんじゃーこらー!

ってなかんじで。

 

またUPします。

 

つづく・・・・・。
 

 

コメント (0)

LEXUS IS F 5000cc に乗ってみた!

たまには車屋さんらしく車のネタを書いてみましょう。(笑)

昨日、レクサスの商談があり、レクサス IS F の試乗車を2日間ほど借りる事に....。

dsc04567.JPG dsc00236.JPG dsc00235.JPG

この IS F! レクサスシリーズの中では 最もコンパクトなボディーサイズでありながら、その心臓部であるエンジンは なんと 5,000CC と、シリーズ最高峰である LS 600 と同じ排気量なのだ!

LS460 のV8エンジンをベースに、低中速域での豊潤なトルクと高回転での爽快なパワーフィールを求めてトルク特性をチューニング!排気量を従来の4,600CCから5,000CCへと拡大。チタンバルブの採用やポート形状など、 IS F 専用に改良したシリンダーヘッドを組み合わせ搭載している。

詳しくは ↓

http://lexus.jp/models/isf/

ボクも1時間余り試乗させてもらったのだが、その性能には驚いた!

徐行運転から急激にアクセルを踏み込む…タコメーターの針が3500rpmを超えた瞬間!エンジン音ががらりと変化!グォーと唸りをあげながら一気に回転が跳ね上がる!

恐ろしいほどの加速!

dsc04544.JPG dsc04538.JPG dsc00237.JPG

300?まで刻まれたスピードメーター!5,000ccのエンジン!左右 縦に2本ずつに配置されたエキゾーストマフラーの奏でる排気音は、何とも心地良い重低音…..!

デュアルインテークシステム!低中速域ではプライマリーインテークでスムーズな走りを。高速域ではセカンダリー側の吸気ポートが開くことで、、これまでのNAエンジンの常識を越えた異次元の加速を始めるのだ。

ボクも車屋暦 25年以上になるのだが、IS F はこれまでに乗って感動した車 BEST 3 に入る。

余談ですが、1位は R32スカイラインGT?R!この車が発売された時は本当に驚いたものです。当時我社でも2台注文しており、お客様のご依頼で コンピューターを取り外し、ROMを書替えたり足回りや吸排気系統などをチューニングしたりと、いろいろ試したものです。(当時は何をするにも情熱的だったのだが….。) あの時の情熱は今….?:roll:

 

お客様との試乗も1時間を超えるものとなり、大変満足していただいたのだが、何とこの IS F 注文しても納期が約1年!:mrgreen:笑えるのでR!

「お客様!下取りのお値段は 時価 ということでお願いします。」(笑…..

 

by 久しぶりに 面白い車に出逢った店長なのでした。:mrgreen:

 

またまた余談ですが、この車のお値段は?というと.....?

車両本体価格+フルオプション=8,691,625円也!諸費用は別途。

「かぁ??!安いねー!」 と言ってみたいものです!(T‐T)

 

コメント (3)