店長ブログ

プリウスにナビ、エアロだ! ぱーとつ?

つぶやきです。

モデリスタのエアロパーツを取り付けます。

dsc05628.jpg

 ↑取付前です。  取付後です。↓

dsc05630.jpg

う???ん。  

かっこいいです。

dsc05632.jpg  →   dsc05633.jpg

  サイド ↑   ↓リヤ

dsc05634.jpg  →  dsc05635.jpg

dsc05637.jpg

dsc05638.jpg

ぼちぼち街中で見かけますが

まだ、エアロが付いたプリウスは見ておりません。

きっと目立つと思います。 

  

後はガラスコーテイングをかけて納車です。

 

しかし、この車静過ぎます。

歩いていて、後ろをゆっくりついて行くと気付かないんじゃないかな?

ある意味危ないです。

気をつけましょう。

 

 N様お買い上げありがとう御座いました。

 

又ぶつぶつ言います。

 

 

 

 

 

 

 

コメント (0)

プリウスにナビ、エアロだ!

つぶやきです。

 

今旬の車、プリウスが入庫しました。

オーダーから納車まで 半年以上かかる車は今まで

聞いたことがありません。(岩国で7?8ヶ月待ち)

dsc05612.jpg

多分、トヨタのことですから増産体制をとって

納車期間を短くするのは目に見えますが、、、しかし長い。

気が変わりそうです。

ところが、これを注文したお客様は、

6月注文で今週中には納車できそうです。

なっ何故???!   それは内緒です。  (*´ノ∀`)オホホホホ…

 

そんな旬のプリウスに

今話題のフルセグ、USB、ブルートウルース付きのHDDナビを

付けまする。 (三菱製)

dsc05613.jpg dsc05614.jpg dsc05615.jpg

相変わらず、新車をばらすのは緊張します。

壊れないように、傷つかないように慎重に外します。

とりあえず、ダッシュボード廻りを外し終わると

バックカメラから取付けます。  つぶやき流ですが。

dsc05617.jpg     →     dsc05620.jpg

↑画像の白く光っているところにカメラが入ります。

これを決めるのが一番難しい。

センスによって位置も角度も見た目も変わりますから。

いやな仕事は一番最初にするのがつぶやき流です。

次は信号探り (バック信号、スピードセンサー信号)ですが、

最近では専用コネクターを純正配線につなぐだけでOK!

以前より30分は短縮できています。

 

次は地デジチューナーの位置決め。

毎度の定位置で収まりそうです。

そう。 シートの下です。

ここに収まらなければ、大変です。

2日前、まったく同じナビをエクストレイルに付けたのですが、

そこに収まらず、グローブボックスに押し込み、

ETCとチューナーとIPOT&USBボックスを抱き合わせ

一体にして取り付けました。

それだけで2時間は違います。

何とかシートの下に置き 配線を隠し

次は地デジアンテナ、音声マイク、GPSアンテナ。

取り付ける位置が近いので、連続で取り付けて配線します。

後はナビ本体を取り付けて動作確認。

しかし、そこで最新鋭のメカである事を忘れ

ばらしているままキーをONにしてしまった。

案の定、ウオーニングランプの点灯です。

気にせず、まー後でやろうと、とっとと外した部品を組み

とりあえず完成。

dsc05621.jpg

エンジンをかけたまま地デジの設定をして

ふとメーターを見るとランプが消えておりました。

学習機能が働き、修正したようです。

リセットが必要かと思ったのですがラッキーでした。

 

 

これでナビは終了。

何とか1日で終わりました。

次はエアロですが、ちょっと長いので

又来週????!  じゃあありませんが、

 又UPします。

 

 

つづく

 

つぶやきでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント (0)

ベンツAクラスで勉強する。  

つぶやきです。

 

バックしててぶつけたAクラスのベンツが入庫しました。

見た目大したこと無く見えますが、 

dsc05495.jpg dsc05496.jpg dsc05497.jpg

脱ぐと凄いんです。 ・・・ ? っていっちゃったりして? ・・・姫チャン海!

dsc05500.jpg dsc05501.jpg dsc05503.jpg

 ↑ バックパネル     ↑上から見たバックパネル  ↑フロアパネル(樹脂)

バックドアは樹脂製なので軽く傷が付いた程度で

大したことありません。  いったんへこんで元に戻ったようです。

話は逸れるのですが、

バックドアが樹脂製というのは今回の修理まで知リませんでした。

軽量化でしょうか?裏側も樹脂でした。

バックドアガラスは貼り付けでガラス製です。

バックドア自体軽く、閉める時はガラスの重みで振りが付き閉まる

って感じです。

 

 

バックドア以外は結構いっちゃってます。

バックパネルはもちろん、フロアまで波及があります。

ここで登場するフロアパネルは、樹脂製でしかも

サイドメンバーに貼り付けされています。

結構強度もあり、他のベンツにも使用されているそうです。

バックパネルを交換するにはフロアパネルを脱着しないと

交換できません。 

貼り付いたフロアを外すには、車のガラス屋さんに

依頼して出張してもらいます。

フロントガラスと同じ要領でくっついてますから。

早速連絡してみると、フロアパネルの脱着はまだ経験なく、

とりあえず脱着できる環境を作ってくれと言うことで

dsc05520.jpg dsc05519.jpg dsc05506.JPG

ばらせるだけ外し、バックパネルも引き出し修正して何とか外して

出張してもらいました。

dsc05528.jpg dsc05526.jpg dsc05527.jpg

                                 ↑ ピアノ線

見たことも無いような、こんな工具を上手に使い、

dsc05524.jpg 

dsc05525.jpg

再使用できるように、時間をかけて慎重に作業しています。

そしてついに ・・・・ ↓

dsc05529.jpg dsc05547.jpg dsc05530.jpg

半日掛け、やっと外れました。

ガラス屋さん、無理をきいてもらいありがとう御座いました。

ガラス屋さん曰く、

「 多分これ、脱着するときは交換しないといけないんじゃない?」

う???む、・・・ そうかも。     (* ̄┏Д┓ ̄*) ポッ
 

1つ勉強になりました。 今度から交換します。

 

 

あとはもう、お茶の子さいさい。

dsc05548.jpg 溶接して → dsc05549.jpg 

 

内側を塗装して →  dsc05552.jpg 内装を組み

 

塗装ブースへ → dsc05553.jpg dsc05554.jpg

組み付けて

dsc05561.JPG dsc05562.JPG

完成です。

 

 

 

いろいろ今回は勉強になりました。

またぶつぶついいます。

 

 

成長し続けるつぶやきでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント (0)