店長ブログ

なんでも屋、金剛 !!

つぶやきです。

 

久方ぶりです。

いろいろ忙しくて、相当久しぶりにUPします。

 

ところで、最近車種を問わず いろんな車が売れ

こんなトラックも売れました。    ・・・・・・・・・・ がっ しかし ・・・

このトラックの荷台を修理しないと商品にならない。

e2.jpg

e12.jpg

えっっ! これを私に直せと? ・・・ ガーーー(TДT|||)ーーーン  

dsc06928.jpg dsc06930.jpg dsc06931.jpg

                 ↑ 中から見た荷台

こんなの直すの初めてなんですけど。

 

鬼の店長のことです。

・・・・・・  「 やれっ!」 ・・・・・ でおしまい。

はいはい、わかりもうした。

という事で、荷箱の角を直すこととなったわけです。

 

よく見ると、荷台のほとんどがアルミ板でできていて

パネル交換が主で、あとは内装のベニア板の交換、張り付けです。

簡単に言いましたが、これが大変なんです。 

中から見たところ、水漏れは無いという事だったのですが、

コーキングを塗りたくって ごまかしています。

柱の縦、横に曲がりがあり

内装は大工仕事、外装はボデー屋か 建築板金の腕がいります。

まず、アルミの波板と縦の柱の交換。

交換部品はイスズの純正部品で、注文できました。

dsc06935.jpg dsc06936.jpg

波板と背中のアルミ板は、リベットを飛ばすと外れますが

縦の柱はそうはいきません。

上側は たやすく外れるのですが、

下側は、荷台下側のフレームにボルトで縫い付けてあり

フロアと下側アルミ柱(横と背中側)を引っ張って隙間を

あけないと抜けません。

少々ではありません。

dsc06937.jpg dsc06938.jpg

やっとの思いで 柱を抜き 交換です。

ルーフの角は、アルミですが、板金で直します。

 

そして、新品のアルミ柱を 寸法どおりカットします。

dsc06939.jpg dsc06941.jpg

この柱は2本1組なので ボルトで固定するため

穴を空けます。

dsc06942.jpg

ちなみに、このドリルについているホルソーは

dsc06943.jpg

dsc06962.jpg

先のドリルが7種類に取替え可能です。

メーカーはSNAP?ON の BLUE?POINT です。

岩国では、アメリカ空軍や自衛隊などがよく使ってます。

 

アルミ柱をカットし 完成すると

寸法どおりに固定して

四苦八苦しながらなんとか 縦の柱を取り付け、

何とか固定終了。

 

次は波板です。

 

アルミの波板を張り付ける物は リベットなのですが、

通常のリベットではなく、防水リベットを使います。

dsc06960.jpg

           ↑  左が防水用で、右が通常のリベット

通常のリベットは 打ち込んだ時、真ん中に穴が開き

水漏れの原因になります。

これを使って尚且つ、水漏れ防止にコーキングをうちます。

後ろから前から表から裏からも 

コーキングします。

 

上の方から下へと リベットで固定していき

dsc06944.jpg dsc06945.jpg dsc06947.jpg

dsc06949.jpg dsc06950.jpg

 ↑  ドリル         ↑ エアーリベッター

完成! ↓

dsc06952.jpg

次は内装です。

ベニア板を切った張ったで、大工です。

dsc06951.jpg dsc06961.jpg 

電のこを使い、

dsc06956.jpg dsc06954.jpg 

ビスでとめていきます。

 

 

そして、車検をして

dsc06964.jpg dsc06967.jpg dsc06966.jpg

完成です。 

dsc06928.jpg → dsc06953.jpg

dsc06931.jpg → dsc06968.jpg

 

 

後は、名義変更をして納車です。

お買い上げの (株) M 様  ありがとうございました。

納車まで 今しばらくお待ちください。

   

 

 

車のことならなんでもする 金剛自動車 。

店長の言うことは、なんでもする? つぶやきでした。

 

 

 

 

次回予告 。

 

車齢が私と同じくらい  じじいな車

ハコスカをUPします。

ご期待ください。

 

 

またぶつぶついいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント (0)