店長ブログ

Eクラス ベンツ お客様仕様板金塗装の巻!完結編

つぶやきです。

さて、いよいよベンツの塗装に入ります。

しかし、このシルバー非常に調色が難しい。

職人域ではありますが、

シルバーでも正面から見た時白っぽく

黄色が少し効いていて

すかしてみても白っぽく 青が効いている。

正面もすかしも白っぽいというのが

職人泣かせなのだ。

しかし、そこをばっちりブロックで塗装できる程

色を合わせれるのが つぶやき 職人である。

ブロックで塗装してもよかったが、あえて完璧の塗装をする為

リヤドアも吹くのだ。  それがこれだ。  ↓

dsc07521.jpg

最終の透明なクリヤーを吹いてるところ ↑

車のマスキング部分を見たら理解できると思うが

車体の後ろ部分、つまり修理箇所周辺にはシルバーを

吹き付けているが

リヤドアの前側には透明のクリヤーしか吹いていない。

それが、ぼかし塗装である。

 

dsc07524.jpg

dsc07522.jpg

dsc07525.jpg

リヤドアのアウターハンドル辺りでぼかしている。 

完璧にぼけて、しかも磨きがいらないこの艶。

ついでにバンパーも  ↓

dsc07493.jpg  dsc07495.jpg dsc07496.jpg

バンパーは樹脂なので車体とは別々で。

塗装し終わると、あとは強制乾燥し組み付け。

dsc07529.jpg dsc07530.jpg

 

これでお客様は満足だろうと。

 

そして ついでに満足させるためもう1つ。

ワケありの修理に入ります。

右前からの異音、走行中や道路の段差などで

ギコギコ、コトコトと耳に障るこの音の原因は

欧州車であれば、ほとんどが足廻り部分に使用している

ゴム製のブッシュ(オイル封入式を含む)の亀裂や、

ボールジョイントからガタが出て発生する。

日本車ではほとんど見られない現象。

そのボールジョイント  ↓

dsc07532.jpg

その隣にあるのがコントロールアーム。

dsc07546.jpg

特殊工具で交換。 ↓

dsc07515.jpg dsc07517.jpg

dsc07553.jpg

       ↓

dsc07555.jpg 外したら次は新品を → dsc07559.jpg

この工具1つで取り外し、圧入 両方できる。

ボールジョイント以外にもう2つ

ロアーアーム、コントロールアームの交換。

ロアーアームにはブッシュが2つ、ボールジョイントが1つ

付いていて、そこだけ換えるより 

丸ごと換えた方が安く上がるので交換した。

 

後は、組み付けて、アライメントの調整。

日本車と違い、調整角が違うので気をつけて。

 

試乗してみるとサッパリした様に静かになりました。

 

出来上がりの ベンツ Eクラス

最高に輝いています。

あとは広島まで納車したら終わり。

 

 

 

お客様にはいろんな事情があり

修理の仕方も異なります。

あらかじめ、事情があれば

対処致します。

気軽に御相談くださいませ。

 

つぶやきでした。

またぶつぶついいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント (2)

Eクラス ベンツ お客様仕様板金塗装の巻!

つぶやきです。

訳アリ Eクラスベンツの板金修理が入庫しました。

dsc07460.jpg

dsc07461.jpg  dsc07462.jpg ← 亀裂が入り穴が開いている

通常であれば(右)リヤフェンダー、リヤバンパー、テールランプの

交換が必要な修理ではありますが

あえて交換せず、板金で修理をし

交換修理と板金修理の差額で

他の所を修理をしてほしいと依頼されました。

その他の修理とは何処かと聞いてみると

足回りのがた、ワイパーブレード、内装部品の交換

ということでした。

足回りのがたが金額的に気になり

早速リフトアップして、見てみると、右前の足廻りに

がたを発見。

タイヤを揺らしてみると どうもナックルアームの

ボールジョイントが原因のようだ。

交換部品と工賃を計算し、金額的にも合うようなので

快く引き受けました。

 

さて、リヤフェンダーとリヤバンパーの損傷箇所を

どの程度かというと こういう感じ ↓

dsc07468.jpg

dsc07472.jpg

結構いっちゃってます。

これを今から修理します。

まずは部品脱着し、

dsc07471.jpg

リヤフェンダーの内張り等を外し

dsc07465.jpg 

内側からたたき出し、

dsc07466.jpg

溶接、スタッド溶接機などで板金 ↓

dsc07474.jpg

パテで下地造り ↓

dsc07479.jpgdsc07475.jpg dsc07476.jpg

ここで登場するのがこのサンダー ↓

dsc07477.jpg

最近購入したもので、作業が早く面取りしやすいのがいい。

 

そして、サフェーサーを吹きつける前にリヤバンパーを修理して

隙間や出入りを見ないといけない。

バンパーを亀裂部分にはグラスプで接着

ドライヤーで温めて整形し、バンパー用パテで下地を整形。

dsc07484.jpg

そして仮あわせ ↓

dsc07482.jpg dsc07481.jpg これでOK!

サフェーサーを吹きつけ強制乾燥。

dsc07490.jpg

これで下地はOK!

しかし、塗装にあたってリヤドアまでの

ぼかし塗装の範囲が 狭くブロック吹きに近い為

dsc07491.jpg

リヤドアもぼかし塗装することになりました。

この作業で塗装は完璧!

 

塗装はぼかし塗装が基本であります。

ただ、塗装の範囲が広がり

コストもかかる為、みんな嫌うのです。

 

 

 長くなりそうなので

続きは近い内、UPします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント (0)