店長ブログ

Eクラス ベンツ お客様仕様板金塗装の巻!

つぶやきです。

訳アリ Eクラスベンツの板金修理が入庫しました。

dsc07460.jpg

dsc07461.jpg  dsc07462.jpg ← 亀裂が入り穴が開いている

通常であれば(右)リヤフェンダー、リヤバンパー、テールランプの

交換が必要な修理ではありますが

あえて交換せず、板金で修理をし

交換修理と板金修理の差額で

他の所を修理をしてほしいと依頼されました。

その他の修理とは何処かと聞いてみると

足回りのがた、ワイパーブレード、内装部品の交換

ということでした。

足回りのがたが金額的に気になり

早速リフトアップして、見てみると、右前の足廻りに

がたを発見。

タイヤを揺らしてみると どうもナックルアームの

ボールジョイントが原因のようだ。

交換部品と工賃を計算し、金額的にも合うようなので

快く引き受けました。

 

さて、リヤフェンダーとリヤバンパーの損傷箇所を

どの程度かというと こういう感じ ↓

dsc07468.jpg

dsc07472.jpg

結構いっちゃってます。

これを今から修理します。

まずは部品脱着し、

dsc07471.jpg

リヤフェンダーの内張り等を外し

dsc07465.jpg 

内側からたたき出し、

dsc07466.jpg

溶接、スタッド溶接機などで板金 ↓

dsc07474.jpg

パテで下地造り ↓

dsc07479.jpgdsc07475.jpg dsc07476.jpg

ここで登場するのがこのサンダー ↓

dsc07477.jpg

最近購入したもので、作業が早く面取りしやすいのがいい。

 

そして、サフェーサーを吹きつける前にリヤバンパーを修理して

隙間や出入りを見ないといけない。

バンパーを亀裂部分にはグラスプで接着

ドライヤーで温めて整形し、バンパー用パテで下地を整形。

dsc07484.jpg

そして仮あわせ ↓

dsc07482.jpg dsc07481.jpg これでOK!

サフェーサーを吹きつけ強制乾燥。

dsc07490.jpg

これで下地はOK!

しかし、塗装にあたってリヤドアまでの

ぼかし塗装の範囲が 狭くブロック吹きに近い為

dsc07491.jpg

リヤドアもぼかし塗装することになりました。

この作業で塗装は完璧!

 

塗装はぼかし塗装が基本であります。

ただ、塗装の範囲が広がり

コストもかかる為、みんな嫌うのです。

 

 

 長くなりそうなので

続きは近い内、UPします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません >>

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード


コメントをどうぞ